リードW-cup第5,6戦で日本代表選手達が健闘。

リードW-cup

第5戦、10月11・12日に韓国木浦で開催され
男子・安間佐千選手が優勝。女子は小田桃花選手が3位、野口啓代選手が7位、
大田理娑選手が8位に入賞した。

第6戦、10月19・20日 中国江蘇省蘇州市呉江区で開催され
安間佐千選手は今季3勝目。女子では小田桃花選手が5位。また、大田理娑選手(女子リード)、高校生の島谷尚季選手(男子リード)がともに8位と健闘した。
この大会の結果を経て、リード国別ランキングで日本は1位になりました。 残り2戦(フランス、スロベニア)の応援をよろしくお願いします。

日本山岳協会より引用